2013年

10月

07日

市川市の女性みこし「手児奈まつり」

10月6日、市川市の真間地区で「手児奈まつり」が開催され、女性だけのみこしが街を練り歩いたというニュースです。

 

手児奈さんは、真間のあたりに住んでいた超絶美女だったのですが、年頃になって、いろんな方から求愛されたことで不幸になる人やけんかになることをはかなみ、海に入ってしまった女性です。
▼詳細はこちら(市川市公式HP内)

http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/1111000020.html

 

今はtwitterで「てこなたん」として活躍中(!?)。

なかなかつぶやきが面白いので、フォローしています。

https://twitter.com/tekonatan

 ▼朝日新聞のニュースより

http://www.asahi.com/area/chiba/articles/TKY201310060173.html

市川市の真間地区で6日、安産や子育ての女神「手児奈(てこな)」をたたえる「手児奈まつり」が開かれ、女性だけのみこしが商店街などを威勢良く練り歩いた。

 

 発着点となる手児奈霊神堂や沿道に多くの見物客が詰めかけた。初めて担ぎ手となった同市の小倉史さん(29)は「若い人が多く、活気があっていい」。初参加の渡辺愛美さん(19)は「肩が痛いけど、最後までしっかりした姿を見せたい」と笑顔を見せた。